コピー機専門用語集その①【コピー機比較ドットコム】

コピー機ドットコムでは複合機・コピー機の用語についてお客様にとって特に重要であろう用語についてご説明させていただいております。しかしながら、用語集の中に載っていないコピー機用語がある場合がございます。その際はお気軽にコピー機ドットコムへ電話かメールでお問い合わせ下さい。専門のスタッフがご案内差し上げます。


コピー機用語・あ・
アナログ複写機 原稿を棒状光源でスリット状に照明しミラーとレンズを介して感光体である感光ドラムに結像させる。スリット状に照明されミラーを介して読み取られる部分の移動とドラムの回転を同期させて原稿の静電潜像を作る。
コピー機用語・う・
ウィングレス設計 従来、用紙の排出トレイがコピー機本体の外についていたものを本体内に納め省スペースを可能にした設計のこと。
ウォームアップタイム 電源を入れてから複合機・コピー機が動作可能な状態になるまでの時間。
コピー機用語・お・
オフセット機能 シフターにより、セットごとに排紙方向に対し、横向きにずらして出力し、多部数の処理を効率アップできる。
オートトレイチェンジ機能 用紙がなくなると自動的に用紙のあるトレイに変更する。