コピー機・複合機のリース契約について【コピー機比較ドットコム】

コピー機・複合機のリース契約について
1.仕様・価格の決定
お客様と弊社との間で機種・仕様・価格・納期等をご相談後決定します。
そして
2.リース申込・契約
リース契約には審査が御座います。お申込に際して、審査に必要な書類・簡単な資料をご提出頂きます。
そして
3.売買契約
お客様にお選び頂いた機器の売買契約を弊社とリース会社間で行います。
そして
4.物件納品
お客様にお選び頂いた機器を、弊社より直接お客様に納品致します。
そして
5.リース料金支払
リース料のお支払いがスタートいたします。お客様には契約時に決めた月々のリース料をリース会社にお支払いいただきます。
そして
6.保証・アフターサービス
ご契約時の保証・アフターサービスの各規定内容に基づき弊社又はメーカーが、責任を持って行います。

リースのメリット

お客様にとってのリース契約のメリットとは…

機器導入の際、少ない費用で導入可能

設備投資をする際にコピー機の一括購入であると一度に多額の資金が必要となる場合がありますが、コピー機リースなら導入時に多額の資金を必要とせず、留保された資金を他の計画に運用できます。

全額経費処理が可能

コピー機・複合機の導入に当たり適正リース期間により算定されたリース料は、税務上全額経費処理する事が出来ますので一括購入よりコピー機リースのほうが会計上のメリットを享受できます。

コストは把握がしやすく事務負担の軽減

コストを把握する為の面倒な減価償却費・支払利息・固定資産税・保険料の計算及び配賦などの財務・経理等の事務負担が掛かりますが、リースの場合、コストは月々のリース料だけですのでコストの把握が容易にできます。

運転資金にゆとりが出来る

コピー機リースで設備を導入すると設備資金の調達が不要です。その上リース会社から融資を受けたこととなり、金融機関の借入れ枠も温存される効果もあり、今後の企業運転資金にもゆとりが出来ます。一括購入とコピー機リースを是非比べてください。

陳腐化リスクを軽減

コピー機リースの重要点:実質耐用年数に合わせたリース期間設定を行なう事により、いつも新しい設備機器が使用でき、最新機種が導入できます。